静修CLUB    終戦の日


8月16日 木曜日、
おはようございます。静修CLUBへ ようこそ。

昨日は我国が直近の戦争を閉じた日でした。
73年前のことです。
この時期、しばらく前までは戦争映画が上映されていました。
〝出口のない海〟〝永遠の0〟などなど。

ところがこの数年、新作は作られていません。
この時期に戦争の愚かさを再確認し、
新しい世代に愚かな歴史があったことを知らせていくうえで
残念なことです。

一方で、きのうNHKは
ノモンハン事件がなぜ起きたのかや
当時の陸軍首脳部の動きを録音テープからひも解く
ドキュメンタリーを放送しました。

この番組のテーマは、
軍首脳部が人の命をいかにいい加減に使い捨てていたかを知らせ、
戦争の愚かさをさらに浮き彫りにすることだと思いました。
録音テープの軍幹部の話す内容とその口調はまさに 「無責任」 で、
これこそ戦争が「最大の犯罪」といわれる所以のように聞こえ
「なぜ、どうして … 」 の思いを禁じえませんでした。


・・・ 静修CLUB

静修CLUB    豪州から初来訪


8月15日 水曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

写真は、JCJ(Jimny Club of Japan)清水会長と
オーストラリアから来日された Geoff さんです。

Geoff さんは自転車で北海道を外周し、
東北の日本海側を南下して新潟から東京までを旅されました。
気の遠くなるような自転車旅行も今回で4度目とのこと。

Geoff さんは オーストラリアジムークラブの重鎮で、
清水さんがオーストラリアで歓迎いただいた返礼に
日本の田舎を見せたいとGeoff さんを静修CLUBにお連れくださいました。


イメージ 1
もちろんジップラインも楽しんでいただきましたよ。
オーストラリアの規模にはとてもかないませんけどね。
静修を気に入った Geoff さんは IT会社のオーナーで、
オーストラリアに戻りここ静修での体験を情報発信してくださると。
人と人とのつながりはじつに生産的で
全ての基礎であると私は考えているのですが、
それをまた証明できるイベントなりました。
静修CLUBの国際化がまた一歩前に進みました。
Geoff さん、ぜひまたお会いしましょう
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    みらい塾プロジェクト


8月14日 火曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。

きのう午後、静修は激しい雷雨に見舞われました。
ドーン、ビシャッ  と まじかに落雷が。
山の雷には街ではない恐怖を感じます。
それにしても久々に激しい雷雨でした。

このところ、静修には若者の声が響いています。
常葉大学社会環境学部の浅見ゼミが
月に一度、フィールドワークに訪れています。

静修の植生と分布を調査研究して報告書にまとめ、
中山間地の振興に貢献しようというものです。

この活動は常葉大学が推進する地域貢献活動である
〝常葉みらい塾プロジェクト〟の一つに位置付けられています。
学生の自主的な活動が大学に認められたものです。
4月から10名前後の学生と教授が
静修CLUBを拠点に集落を歩いています。

きのうが4度目の訪問。
彼らの来訪は調査研究ばかりでなく、
集落のじいちゃんばあちゃんたちとの素敵な交流の場にもなり
殆ど人の訪れない集落の活性化にもつながっています。

そんな場面をご紹介します。


イメージ 1
山中を歩いて様々な植物を観察し分布を調べます。
時には噛んで食べられるかやその味を確かめます。




イメージ 2
以前会ったばあちゃんとの再会に微笑みがこぼれます。
「よー、おいでなさったねー」 「また来ましたよー」
イメージ 3



イメージ 4

  今日のばあちゃんは
 にがうりを天日で干していました。

 「いっぺんに採れるでもったいないもんねー」と。








調査の過程で、意外な発見もあります。
きのうは神社の御利益について。

イメージ 5
このお宮さんの名前を尋ねていたところ
学業の神様で、入試合格や選挙当選のご利益があることが判明。
山の中の小さなお宮さんですが、
以前は内外から参詣客があったと。
地域振興を考えるうえで〝観光資源〟の文字が浮かんできました。
雑念かなー …
イメージ 6

プロジェクトの完遂と成功を祈ってパチリ


この活動は、2019年も続きます。
その様子は随時お届けしていきます。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    川床


8月13日 月曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。
じつに暑い日が続いています。
春野に住まいしてより5年になりますが、
こんな暑い夏は初めてです。
さて、
7月22日のこと、
名古屋から〝うなぎ弁当〟を携え友人が訪ねてくれました。
この貴重なうなぎ、いかに美味しくいただくべきか。
そこで思いついたのがこれです。
イメージ 1
自宅から車で約10分。
気多川の秋葉オートキャンプ場を拝借しての図です。
イメージ 2
澄んだ川の流れにイスとテーブルを据えて腰をおろせば
美しい山の緑に無骨な鉄橋が野趣を添えて、
もうそこは別天地です。
会話も弾むなか、
こんな素敵な場所とウナギ弁当のコラボレーションは、
一生忘れることはないでしょう。
イメージ 3
それしてもうなぎ
うまかったぁー
さあ、きょうは常葉大学浅見ゼミのみなさんが静修を訪れます。
久しぶりに若い声が村の中に響くことでしょう。
到着が楽しみです。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    感動の嵐


8月12日 木曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。
ご無沙汰しておりました。
前回のアップは6月21日でしたから、
ひえーっ
50日ぶりですか。
この間、たっくさんのイベントがありました。
写真を整理しながら順次お伝えしていきたいと思います。
きのうのトンネルcafe、感動が渦巻きました。
まずはトラック大好きのケンちゃん。
広島県呉市へ豪雨被災者の救援に行ってこられたとのこと。
車だけじゃないケンちゃんのやさしさに感動しました。
現地の写真を見せながら、被災地の厳しさを伝えていました。
イメージ 1

被災地の状況は報道どころじゃないと …


続いて常連のKさん。
キッチン前の退避スペースを早朝竹ほうきしてくださっていました。
いつもと違うこの美しさに気づかなかった私のいかに愚かなことか。

イメージ 2
いつもなら枯れた枝葉や小石が散乱する退避スペースです。

 「気づいて、考える」 で終りがちな私たちですが、
トンネルcafe のお客様は 「気づき、考え、行動する」 みなさんです。
心から感謝し、私も努めます。
そんなお客さま方がお揃いのライディングウェアでお越しになりました。
イメージ 3
イメージ 4
素敵なデザインのお揃いっていうだけでなく、
着ているお二人のじつに爽やかなことといったら。
まるで高校野球の選手を観ているようでした 
私も、
トンネルcafe のTシャツかなんか作ってみようかと思ってしまいました。
トンネルcafeは〝出会いのかふぇ〟 とも呼ばれています。
お客様同士が新しい出会いに触れておられるの見て
私も日々感激しています。

・・・静修CLUB