静修CLUB    山桜情報

今日2本目のアップです。

静修の山桜、
樹齢150年を超えて、集落を見守る一本桜の開花情報です。

森町の桜はもう満開で、
風に舞う花びらも見られました。

きのうの静修の山桜はまだ開花に至っていませんでしたが、
今日はきっと … 。

ここまで書いて桜を見に行きました。
そしたらば,咲いてました。
静修の山桜、開花です。


イメージ 1


今週末、ちょうど満開かなー。
みなさん、静修を見守る山桜に会いに来てくださーい。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    届きました、〝おもいのまま〟

3月29日 木曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。
3月12日のブログでご紹介した〝おもいのまま〟。
富山からメールとともに写真が届きました。
「こんにちは(^-^*)/
思いのままに咲きはじめました。蕾がびっしりです。今咲いているのは白っぽいのと、紅すじ状模様のとありますね~。同じ木ですよ。来週は満開かな。
今日は久しぶりの好天!たまった洗濯物をせねば。」


イメージ 1
イメージ 2
背景の緑の田が懐かしーです。
今年の風の盆がさらに楽しみになりました。
・・・ 静修CLUB


静修CLUB   わっく わくっ

3月23日 金曜日、
おはようございます。 静修CLUBへようこそ。

毎月第二・第四木曜日は、
名古屋の団地自治会へ静修の旬の産物を発送しています。

この自治会様は静修CLUBの活動を応援しようと
受け取った産品を私たちに代わって青空市で販売してくださっています。

この季節は原木生椎茸とはっさくをお届けしていますが、
生椎茸はここ数日続いた雨を吸って売り物にならなくなりました。
そこで、成長の具合を見ていたワラビを茶原に求めました。

こちらは冷たい雨のおかげで丈もちょうど採りごろに伸びていました。
雨に打たれながら3㌔ばかりを収穫して、
100gの束にして茎を切りそろえ発送しました。
今年初摘みのわらびです。
団地にお住いのみなさまに喜んでいただけるといいのですが。


イメージ 1


この時期のワラビはアクが少なく、
茹でるだけで召し上がっていただけるほどですが、

念のためアクを抜くための重曹と漬け汁に

アク抜きのしおりを添えて販売いただいています。

ワラビはこれから四月一杯が収穫の最盛期で、
それが終わりを告げるころ、新茶の季節になります。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB あらたな視界

3月22日 木曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

きのうは冷たい雨と風の一日でした。

そんななか、お客様がお一人。
いつもの座敷は片付け仕事で雑然となっていましたので、
2階のティーラウンジでお過ごしいただきました。

このスペースはこじんまりとしたテラスで、
南から、西、北と、四季折々の景色をたのしめます。

いまは梅の花が散り始め、
落ちた屋根瓦は化粧をまとったようです。
その向こうには茶畝が曲線を描き、
晴れた日には、山の稜線が青い空との境を際立たせます。


イメージ 1

南景

風の動きは、舞い散る花弁と軒に吊るした風鈴が教えてくれます。
夏ばかりでなく、風鈴の音はいいものです。
冬に逆戻った景色を暖かなこの部屋でコーヒー片手に楽しむひと時は、
贅沢です。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    〝北の桜守〟

3月21日 水曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

きのうのこと、
県外へ出かけた帰りに買い物と映画を楽しみました。
映画は去年12月のスターウォーズ以来です。

観たのは〝北の桜守〟。

イメージ 1


2月に亡くなった母に重なるものがあって、
個人的に感動しました。
母の老いと、それを支える息子夫婦や旧知の人々。
どんなに苦しい人生であってもその最期は美しく楽しく迎えられる、
そんなメッセージが伝わってきました。

旧作〝北のカナリヤ〟は寂しくつらい作品との印象があり、
今回の作品を観るかどうか悩んだところですが、
よかったです。

さて、今日は冷たい雨の一日になりそうですね。
うちの中の整理でも致しましょうか。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB ばくはつ

3月20日 火曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

今日は、冷たい雨の一日になるそうです。
雨で気になることが一つ。
茶原のわらびです。

先週から出芽しはじめたのが、すでに爆発状態。
採りたいのですが、
この雨では今日の伸び具合を気にするしかないかなーと。
椎茸もそうですが、
雨の日の収穫物は水っぽくておいしくないそうです。

先週末は、原木生椎茸、烏骨鶏の卵、そしてワラビを
静修の産品としてトンネルcafeで販売しました。
いずれも完売させていただいてお客様に感謝です。
産品を提供してくださった農家さんも大変喜んでおられました。

トンネルcafeを春野をお訪ねくださるみなさまにご利用いただき、
静修をはじめ近隣集落が元気になる窓口になったり、
もっともっといろんな機能を持って役割を果たせればなーと
日々夢を追っています。
みなさまのご支援をよろしくお願いしまーす。

イメージ 1







名古屋から届いた桜の便りです。

・・・ 静修CLUB

静修CLUB    にぎわう季節になりました

3月19日 月曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

この土日は季節の変わり目と言いますか、両極端な2日間でした。
土曜日は陽射しがなく底冷えの一日。
きのう日曜日は明るく気温も上がって、吹く風に初夏を感じるほどでした。

県道58号線を走るバイクもかなり増えてきました。
毎年のことですが、これも春の到来を感じる現象の一つで、
ライダー諸氏の服装も心なしか軽くなったように見えました。

トンネルcafeの一場面です。


イメージ 1

レトロバイクやスクーターで春野を楽しむみなさん

イメージ 2
国際色豊かな Team YAMAHA Design のみなさん



「この店の前はよく通るんだけど、今日は勇気を出して寄ってみました」
そうおっしゃるライダーさんもみえた二日間でした。

〝笑顔〟さえあれば〝勇気〟は不要ですよ。


次の週末も春野の峠筋でお会いしましょ 



・・・ 静修CLUB


静修CLUB    うーん

3月16日 金曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。
久しぶりの雨の朝になりました。


きのうは初夏を感じさせられる一日でしたね。
車で名古屋と刈谷へ出かけましたが、
今年初めてエアコンを使いました。

さて、高塚旅行の続きです。

掘割から乗った秋葉バスは、
山あいを抜けて徐々に森町市街へ入ります。
遠州森バスターミナルで10分間の休憩。
終点の袋井駅まではまだ小一時間かかりますからトイレストップです。

出発時刻はちょうど通勤通学のころ。
各バス停で高校生たちが一人二人と乗り込んできます。
無言で。

「おはようございます」が聞こえてもいいんだがなーと思っていました。
高校生のころはいろいろとセンシティブですから、
あいさつも照れ臭くってやってられないみたいなことでしょうかね。

ニュージーランドでは路線バスを降りるとき、
誰もが Thank you driver ! とあいさつします。
ドライバーも See ya ! と返します。
この違いは何なのかなー。

なんて考えながら
山あいにはないマックやファミレス、携帯ショップのわきを抜け
袋井駅到着です。

ここから高塚駅まで東海道線電車の旅です。
通勤時間帯ですから座席は埋まり、吊革も繁盛しています。

いっしょに乗り込んだ70代の男性。
車内を一通り見まわしたあと、大きな声で「座れんなー」と。
なにかを求めてのことかはわかりませんが、
その声に反応する人もいませんでした。

それにしても朝一番というのに座って眠っている人の多いこと。
目をつむっているだけでなく、窓に頭を持たせかけ、
半分口も開いて、眠っていることは明らかな人がそこここに。
そんな光景を見るのも久しぶりで新鮮でした。

東海道線の駅の間隔はけっこう長いですね。
中間に住んでいる方々は目的地に近いほうの駅から乗るんじゃろな
などととりとめもないことを考えているうちに
浜松を過ぎて高塚駅に到着しました。

高塚にはスズキ自動車の本社があります。
スズキの社員が大量に降車して改札に向かいます。
そこでの驚きです。

ホームがあふれるのではと思うほどの人があっても
押し合い圧し合い、我先になどという光景は皆無です。
エスカレーターに乗る直前ではきちんと二列に並び、
その脇の階段を使う人たちもまるで碁盤の上の碁石みたいに
整列して上っていくように見えました。

これって・・・、もしかして何らかの社員教育でもされているのかな
などと考えてしまう私で、
〝ジェントル〟や〝スマート〟を形で見せていただいたようでした。

たまたま息子にその話をしたところ、
彼が開院するトヨタ系企業が集まる街でも同様な空気があるとのこと。
そこでは小学生たちも「おはようございます」とあいさつしてすれ違うと。

企業であれ、学校であれ、教育は社会の礎ですね。

春野には、「あいさつは心とこころの架け橋」という標語があります。
いずれにしてもさわやかに生きていきたいものであります。

わたくし事で恐縮ですが、
本日前述の息子がやさしいお嬢さんと入籍いたします。
幸多かれ ! と、力強くさけびますっ 


・・・ 静修CLUB

静修CLUB 久しぶりの、通勤ラッシュ

3月15日 木曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

きのうは、入院していたジム左衛門、
うちのジムニーJA11改の治療が終わったとの連絡を受け、
高塚まで受け取りに行きました。

片道60キロの行程を
バス、電車、タクシーを乗り継いで行きました。

まずは秋葉バスに乗って袋井まで向かいます。
県道58号線のバス停までは山道を歩いて20分。
まだ冷たい森の空気の中を、遅れてはならじと大股で急ぎました。
6時32分に乗り遅れれば、1時間以上待たねばなりません。

バス停に着いたときには息がはずんで。
朝日が当たる山を見るのも久しぶりです。


イメージ 1




この時間にバス停に立っていますと、
通り過ぎる車のドライバーのほとんどに怪訝な顔で見られる、
そんな気がします。

運行本数が減り、利用者も減る、
これは卵と鶏の関係でしょうが、
結果的に不便なバスから自家用車を利用する中山間地では、
バス停に立つ人そのものが、不自然な絵になってしまっています。

それでもバスは、律義に時間通りに到着し乗車。
遠州森町経由で袋井駅に向かいます。
途中は、梅、桃、桜と、花盛りでした。


イメージ 2    つづく 

・・・ 静修CLUB



静修CLUB でたなぁーっ、その②

3月14日 水曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

春の訪れを三題。

まずは、つくしたち。
困ったものなのですが、
野菜畑はつくしの原と化しています。


イメージ 1
続いて、いちご。
石垣に伸ばしたランナーに花がつきました。
イメージ 2

そして、オランダからやってきたチューリップ。
矮性ですが、
朝のつぼみが昼前には大きく開きました。
イメージ 3
イメージ 4
静修CLUBハウスは、
あっという間に春の妖精たちでにぎやかです。
それはそうと、
静修の山桜の様子が ・・・ 。
今年は開花が早まるかもしれません。
3月20日からこのブログで開花情報をお届けする計画でしたが、
これ、早めましょう。
さっそく準備に取り掛かりますね。
・・・ 静修CLUB