静修CLUB    五年で初めて

9月29日 金曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。

この秋一番、冷え込んだ朝になりました。
まだ暗い空には星は見えませんから、
晴れ渡っていれば、気温はもっと下がったでしょう。

さて、きのうのこと、
静修に来て初めて山道を歩きました。
拙宅から山の下を走る県道58号線の掘割バス停まで。

1.5㌔、20分の行程は、これまで車で走るばかりで、
歩いたのは初めてでした。

家を出るとき降っていた雨は杉や檜の森に入ると止んだように。
時にまとまって高い枝から滴になって落ちてきます。
舗装された路面には苔が緑色に輝いて
うっかりすると滑りそうです。
ライダー諸氏がここを走るのを嫌がるのもわかります。

車で走っていた時には気づかなかった光景がありました。
小さなサワガニがそこここに。
酒を飲んだように赤くかわいい姿です。

道の下は思った以上の急斜面で、谷が深く落ち込んでいます。
車が走らなかった時代には道幅も狭く草木が迫っていたことでしょう。
以前にも書いた〝恐ろしの森〟の名がよりふさわしかったことでしょう。

谷底の一部には
タイヤや空き缶、様々な生活ごみが捨てられています。
「ここなら捨ててもいい」でなく、
「ここならだれも見ていない」と思っての所業でしょう。
こういう動機で捨てられたごみは、
時間が経っても自然には戻らないような気がします。

歩いていると和也さんが車で通りかかり 「どしたの!?」 と。
ここを普段歩く人はいませんから自然な反応。
「いや、バスで袋井まで行くよ。静修に来て初めて歩いたわー」
「学校に通ってた頃は風が冷たい冬の夜も歩いたなー、気をつけて」 と。
冬の明りのないこの道を歩く子どもの姿を想像し、
都会とのギャップを感じました。

辿り着いたバス停には、立派なあずまや風の待合所があります。
いつ頃かは知りませんが、
バスで通学する子どもたちのために静修自治会が建てたものです。
今はいなくなった子どもたちの声が聞こえてくるようでした。
ここから見る景色は変わらないのだろうなぁと撮りました。


イメージ 1



イメージ 2









・・・ 静修CLUB

静修CLUB    三種の神器

9月23日 土曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

夜半に雨も上がり、
重奏する虫の音が増えたように思います。

さて、
草刈り作業は考え事をするにはいい時間です。
静修に来た頃を思い出したり、
これからのことを想像したり。
人工の音がない茶原で
刈り払い機のエンジン音は一種のBGMかなー。

真冬を除いて草との闘いが続く山での生活に、
刈り払い機は欠かせません。
そんなことを思いながら山で生活するために必要な
三種の神器を考えました。

刈り払い機はもちろんそれに入っていますが、
三番目ですね。
まずはなんといっても懐中電灯。
街灯もなく、夜は漆黒の闇になる限界集落ですからね。
車に置き忘れたものを取りに行くのだって懐中電灯は不可欠。
とくに私は 🐍 が恐ろしいので。

二番は「自動車」。
郵便局や診療所は6キロ、
日々の買い物は森のピアゴへ20キロ山を下らねばなりませんから。
燃料だけはいつも満タンにしています。
車が運転できなくなると、ここ静修での暮らしはむつかしくなるかなー。

というわけで
懐中電灯、自動車、刈り払い機がまずもっての神器です。

ほかにも必要なものはありますが、
整理してみると、都会の生活で必要なものは下位ですね。
道具を使う同じ霊長類でも、
都市部と中山間地では異なる文化圏に住むといえますね。

さぁ、今日は春野を訪れるライダーさん、多いですよ。
気合を入れてトンネルcafeに向かいましょう。


【追伸】  
ノルディック・ウォーク会、11月19日に開きます。参加者募集中でーす。
アドベンチャードライブのアクティビティーもあります。

イメージ 1



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    かいちゃ いかん

9月22日 金曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

彼岸の曼殊沙華が美しい朝です。
クラブハウス下の群落です。

イメージ 1
 去年は草の根元で
 せっかく芽を出していたのを
 うっかり刈ってしまいました。
 これから
 倍くらいの数の花が咲きます。
 緋い絨毯のようになります。


きのう、残した茶原の草を取りました。

取る草はさまざま。
どこにでもはびこってゴマのようなにおいがする坊主草、
さわると嫌なにおいがする屁蔓、
不用意につかむとけがをするイバラの類、
加えてワラビです。

ワラビは、
茶原の上にあるワラビ畑の株が増えて茶の樹の中に広がったものです。

食用になるワラビですから取り除かなくていいように思いますが、
伸びて葉を広げたわらびはもう食べられませんし、
日傘のように茶の樹を覆って、茶葉の成長を妨げてしまいます。

ワラビは茶の樹の中に手を突っ込んで根ごと抜きます。
そうするとアリやムカデ、毛虫や蜂などの刺す虫と接触します。
というか接触しているんだと思うんです。

作業を終えてシャワーを浴び、かゆいなーと思うと
そこは小さく腫れていたり噛み跡があったり。

しばらくするとだんだん腫れがひどくなりかゆみが。
これを掻くと腫れもかゆみも大きく強くなってしまいます。
体験的には、かゆみ止めを塗ってさわらないことがいーかなー。
噛み跡が化膿することもありませんしね。

アブはじつに厄介で、
シャツやズボンの上からでも噛んできますし、
傷はいつまでも痛痒く化膿することもあります。
かゆみ止めが効きにくいのも特徴かな。

虫に刺されないことが一番いいわけですが、
シャツやズボンで防御しても限りがありますので、
刺されたらできるだけさわらないこと、
とくに搔きむしるようなことはだめですね。
搔きたくなる気持ちはわかりますけれど。

さぁ、今日も茶原の草取りに向かうことといたしましょう。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    カバーが だいじ

9月21日 木曜日、
おはようございます。静修CLUBへ ようこそ。

風の強い朝です。
窓を開けると寒ーい。


イメージ 1
一日中農作業のきのうでした。
茶原に上がり、茶畝の間に伸びた草をひと株一株抜きました。
母屋と茶原の間の土手の草を刈りました。
ここは以前滑落したところ。
そして、ついでに
静修の山桜の下と公民館周辺の草を刈りました。
かなり体幹が鍛えられたと思います。
先週の日曜、
トンネルcafeにお越しの救急医と「草刈り」が話題になりました。
そのやり取りです。
医師 「刈り払い機の刃にカバーを取り付けてますか」
 私   「カバーが草に引っかかって邪魔なんですよね」
医師 「それで足を切るけがが多いんですよ、中には切断例も」
 私   「そうなんですね、専用の刃の代わりに丸鋸のを付けたりも」
医師 「あれは一瞬で大けがになりますからね」
そんな指導をいただきましたので、
きのうはちゃんとカバーを付けて作業しました。
ただ、やっぱり引っかかって ・・・ 。
でもみなさん、刈り払い機にはちゃんとカバーを取り付けましょう
さぁ、今日も天気は上々。
涼しくなりましたから、茶原の作業にいそしむことといたしましょう。
追伸です。
11月になりましたら茶の樹を刈り込みます。
ご希望のみなさま、体験にお越しになりませんか
わたしも助かりますし  ・・・
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    気のゆるみ

9月20日 水曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

緑に濾過された空気が緩く吹く朝です。
もう秋本番ですね。


イメージ 1
きのう、母の入院に当たり名古屋へ出かけました。
いつもは新東名で向かうのですが、
きのうは舞坂に所用があって
豊橋から23号を西進し、蒲郡から東名に乗りました。
久しぶりの東名は、新東名ができたとはいうものの、
岡崎・豊田間がやはり混んでいましたね。
そこには傍若無人なドライバーもいたりして、
久しぶりに日頃とは違った刺激を受けてきました。
さて、
昨年茶の作業で傷めた肘が改善しましたので、
ひと月ほど前から居合の稽古を再開しました。
愛刀の鞘を払うのはほぼ半年ぶり。
抜いて驚きました。
刀身が何となく白っぽく見え、眼鏡をかけましたらなんと錆が。
少しでも広がらないうちにと、
三十年来お世話になっている名古屋の刀商に持ち込みました。
「時間をかけて拭ってみましょう。暫時預かります」と。
いきなり研がず、その前にやれることをやりましょうというご厚意でした。
研げば一寸五千円からの世界。
上限はありませんし、やってみて初めて研ぎ代も決まる世界です。
金銭もさることながら、
八十五歳になる店主のご厚意に感動しました。
お話を聞くと
名古屋の刀商もそのほとんどが廃業。
名刀であっても、売れない在庫を抱えて先が見えないとのこと。
海外での日本ブームに乗って売り払うことはできるが、
日本文化、史物の流出は避けたいとの思いで
店を続けておられるとのことでした。
明治維新以降、
日本刀などというものはなによりも不要なものになりました。
が、こういう方々が日本文化の衰退を制動しておられ、
思いが人の生命とともに失われていくとすれば、
今すぐにでも対策を打つ必要があると感じました。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    あまかったぁ

9月19日 火曜日、
おはようございます。静修CLUB へ ようこそ。

雲一つない 朝空です。

イメージ 1



きのうの敬老の日、
台風一過の峠筋は陽射しは強かったものの、
秋風が吹きわたって快適な一日になりました。
三連休最終日を楽しもうと
多くのライダー諸氏がR58を駆け抜けていました。

その前日17日は、静修熟年クラブが草刈りをしました。
青洞展望台の下斜面、駐車スペースを念入りに。

この日は台風18号の襲来を前に、朝から小雨が降っていました。
なにを隠そう、この私は熟年クラブの副会長でありまして、
草刈りはたぶん延期だろうと思いつつ、
会長に電話で問い合わせました。

すると、「雨でも実施」との指示。
もちろん実施できないような強い降り方ではなかった一方で、
都市部なら延期かなーともかすかに思った次第です。

茶を栽培する自分自身を含み、
農業や林業に携わる者にとっては、
雨など、生活の流れを乱す要因にはなり得ず、
中山間地で暮らす人々の堅実さと言いますか強さに感服いたしました。

そんな話をトンネルcafeのお客様にしたところ、
「青洞の展望台はよく利用させてもらっているので、
体力に自信はないけど草刈り、手伝いますよ」との声をいただきました。

高齢者による危険な作業に協力がお願いできて、
村人と外からお越しのライダー諸氏との接点ができたら、
単なる交流にとどまらない何かが始まるようで
心拍数が上がりました。

会長にこの申し出があったことをさっそく報告し、
交流が実現するよう努めることといたしましょう。



・・・ 静修CLUB


静修CLUB    きょう、おーぷんです。

9月18日 月曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。

台風18号、久しぶりに強くて怖い台風でした。
離れへの廊下が強風にギシギシ鳴って
もしかしたら飛ばされるのではないかと心配したほどでした。

いまの春野は台風の名残のゆるい風が吹き、
空にはペーパームーンと星が瞬いています。

今日は台風一過の爽やかな一日になりますか。
トンネルcafeオープンの準備に取り掛かることといたしましょう。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    もの想う秋

9月15日 金曜日、
おはようございます。 静修CLUBへ ようこそ。

タイミングは遅いほうにずれましたが、
やっぱり来ますね、18号。
けさの静修はこの秋一番の涼しさです。

さて、
きのう、茶原の上のクヌギ林に入りました。
遊び場を作りたいと思い下草を刈りました。

腰の高さまで伸びたわらびや背丈を超えるすすき、
香の花や、様々な蔓性の植物が繁茂。
刈り払い機の刃も、すぐに切れが鈍くなってしまうほどです。

この夏の気候は、初体験といっていいパターンでした。
夏の茶原作業は草刈りが殆どなのですが、
雨が多く、その降り方も尋常でありません。
大げさに言えば、
山の形が変わってしまうのではないかというほどの時も。

茶原も常に湿っていて、
草も雨や露で濡れていて刈り払い機が使えません。
ですから、草は茂り丈も伸びる一方です。

クヌギ林の草を刈りながら、
茶原の草の管理が本当にできなかったのかと自問しました。
雨が続く中、その合間を縫って茶原に上がることはできたはず。
それをしなかったのは茶原を放置するのに慣れてしまい
その言い訳にトンネルCafeの買い物に出掛けたり、
他ごとに時間を費やしたり。
自分の本業を二の次にしていたことを反省しました。

自然は、自分の行いを判定してくれるリトマス試験紙のようです。
判定だけでなく、作業を大変にするというおまけを忘れません。
これからは本業をおろそかにせず、
もっと頻繁に茶原に上がろうと思いました。

でもね、
遊ぶことも忘れませんよ。

シイタケのホダ木をとるためのクヌギ林は、
静修では、鎮守の社の次に高い場所にあります。
杉や檜に視界を遮られないという点では、眺めは一番じゃないかな。

静修に来てくれたみなさんが楽しめる遊び場にしますよ。
夏はクヌギの木漏れ日が涼しげで秋は紅葉、
冬は澄んだ空気の中で明るい視界が開けます。
そして春は初々しい芽吹きの場所となります。

何をどうするかはまだ … 。
というより何がどうできるか、成り行きまかせというところですが、
きっと楽しい場所になりますよ。
乞うご期待 !

さっ、今日は涼しい一日になるとのことです。
クヌギ林に入ることといたしましょう。



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    あきになりました。

9月14日 木曜日、
おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。

あきですねー。
きのう夕方の空です。
パープル・スカーイ !


イメージ 1
日中の気温は高いのですが、
風は秋のそれになって、
朝夕は肌寒いです。
寝具は、肌掛けから着布団になっています。
さて、台風18号、
三連休を全部つぶしてしまいそうですね。
どうしてこんなにタイミングがいいんでしょう。
さわやかな秋風に、
ライダー諸氏との出会いを楽しみにしていましたのに ・・・ 。
イメージ 2
先日、ヘルメットロッカーを新設しました。
直射日光のもと、
脱いだヘルメットをバイクのミラーにひっかける。
その様子を見ていて、
ヘルメットが熱くならない工夫はないものかと思っていました。
ころ合いの棚がリサイクルショップにありましたので手に入れました。
もう少し横幅があると倍のヘルメットが置けるんですがね。
まっ、ないよりはいいかなー。
みなさん、つかってくださぁーい。
・・・ 静修CLUB