静修CLUB    できました、ひとつ

 1月24日 火曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 ただ今午前一時。
 室内温度、零度。
 水道管の破裂が予想されるので外に出ましたら風が強く凍えました。
 ですが、星空の美しいことといったら。


 きのうですが、キオスクの水タンク架台ができました。
 これで立ったまま食器を洗うことができます。
 東ティモールでやった自然流下式水道の完成です。
 スコールを活用するシステムです。
 ほらっ。


イメージ 1

 そして予備タンクをつなぎ変えて
 手や顔を洗っていただけるようにしました。
 
イメージ 2
 今週金曜は雨模様ですから、
 満水になった後、間違いなく使えるかを試すのが楽しみです。
 次はキオスク内に棚を追加します。
 今日、楽しみながら作業を進めます。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    中毒

 1月22日 日曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 午前五時の天頂には、三日月が輝いています。
 まだ早い時間ですが、相棒たちも目覚めています。


 さて、
 先日いちご狩りに出かけました。
 ひとしきり楽しんだあとは、もういちごは見たくないほどでした。
 が、このところ毎日のようにいちごをいただいています。


 ハウスの水耕栽培の棚からぶら下がった大粒の紅ほっぺ。
 新鮮ないちごのあの甘酸っぱさが忘れられず、
 買い物に出かける度にひとパック買い求めてしまいます。
 このままだといちごになってしまうのではと思うほど
 いちご中毒状態です。


 トンネルcafe常連のお客様の実家がいちごを栽培しておられ、
 お土産にいただいたイチゴのおいしさに驚いたのがきっかけでした。
 いちごの食べすぎで病気にという話は聞いたことがありませんから、
 もうしばらく楽しみたいなと思います。


 そのトンネルcafeは二月半ばまでお休みをいただいていますが、
 この間やらなければならないことが。


 貯水タンクの位置を高くして、立ったまま洗い物ができるように
 架台を作ります。
 満水状態で250キロを超えるタンクを支えられる頑丈なものに。


 キオスク内の調理器具や食器を効率的に使えるよう、
 棚を増やしてレイアウトしなおします。


 折りたたみ椅子やテーブルがうまく収納できるように
 物置を整理します。
 収納の限界に近づいていますが、
 もうしばらくはこの物置一つに収まるようにしたいものです。


 こうした作業は、こちらをこうすればあちらをこうせねばと、
 新たな仕事を作っているような場合があります。
 二月のオープンまではもうひと月をきりましたから、
 のんびりもできず頑張ることといたしましょう。


 といいつつ、
 映画〝沈黙〟が大いに気になる私です。



イメージ 1

 春のオープンに向け、
 ハーブたちも明るい窓越しの光の中で
 その時を待っています。









・・・ 静修CLUB
 
 

静修CLUB    刀剣乱舞

 1月21日 土曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 今朝は風が強く寒い静修です。
 トランプ新大統領就任にも、寒さ ? を感じます。
 ひんいがほしーなー ・・・ 。


 さて、きのうのこと、
 三島市の佐野美術館を訪れ、
 「名刀は語る -磨きの文化ー」を鑑賞しました。


 館が所蔵する古刀数十振りが展示されていました。
 古刀がこれほど収蔵されている美術館も多くはないでしょう。
 小ぶり軽やかななかにその冴えを保つ刀身は
 数百年の時の流れを経たとは思えない澄んだ美しさを見せていました。


イメージ 1
 正面:玄関を入ると、
 刀剣展示会でこれまで会ったことのない意匠が。
 アニメ〝刀剣乱舞〟のヒーローでした。
イメージ 2



 展示室に入ってまた驚きました。
 たくさんの若いご婦人たちが、
 展示ガラスケースに額をつけるようにして見入っています。

 そして交わす言葉は、肌、反り、刃文、果ては写りなど。
 梨地、柾目、綾杉などの専門用語が飛び交っています。
 いわゆる〝刀剣女子〟のみなさんです。
 

 その鑑識の正確さにまた驚きました。
 わたしも時間だけは長く刀剣を学んできましたが、
 二十歳そこそこと思しきご婦人方の見定めは正確でした。


 その静岡、愛知の混合グループ四人に話しかけました。
 刀剣に興味を持ったきっかけはアニメとゲームだそうです。
 が、いまは刀剣そのものを「研究」していると。


 わたしのころには刀剣に興味があると言えば、
 右翼とか変人とか言われかねませんでした。
 けしてそうではなく、美術品として鑑賞していたわけですが。
 それにしても若いご婦人方の姿に時代も変わったものと。


 〝居合の里〟を作りたい私は、
 さっそく名刺を渡しして構想をお伝えしました。
 ぜひ訪ねてみたい、フェイスブックとか
 なんたらグラムとかいうのをやっているかと聞かれタジタジでしたが、
 居合の里構想に強い味方を得た思いでした。


 話は変わりますが、
 この佐野美術館のトイレ、
 これがまたレトロスペクティブで素晴らしいです。
 入口には、銀文字で 「トワレ かわせみ」 とあり、
 入ってみると、そこはすでに美術館そのものでした。
 静修CLUBハウスもこんな雰囲気にできたらと感じ入りました。


 三島市の佐野美術館、一見の価値がありますよぉー。



イメージ 3
・・・ 静修CLUB

 
 
 
 

静修CLUB    静修の雪

 1月16日 月曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 いやぁー、冷えてます。
 雲の流れが速い、けさの空です。


イメージ 1
 さて、きのう日曜日、
 静修の雪を見たいと、
 7人のみなさんがクラブハウスを訪れてくださいました。
 最初のお電話は朝7時過ぎ。
 昼食を食べたいとのご依頼に、
 水道が凍っていて、いつ調理ができるかが不安ですがどうぞと対応。
 強い風雪を眺めなが、
 灯油ボイラーの凍結が融けるのを待っていました。
 やっと水が出始めたのが来訪前1時間をきったころ。
 あわてて米を研ぎ、お湯を沸かして準備を始めました。
 今日のメニューは〝鯨〟です。
 ベーコンをネギと柚子で。
 生姜味噌に漬けた赤身をステーキにして召し上がっていただきます。
 大粒の富山立山米を炊き、浜名湖のしじみを味噌汁に仕立てます。
 デザートはミルクゼリーにトロピカルフルーツ添え。
 仕上げのコーヒーは、プノンペンフレーバです。
 もちろんこの間、静修茶もお出ししました。
 静修の雪景色の中で、みなさま、お楽しみいただけましたでしょうか ?
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 上の写真はモノクロ撮影ではありません。
 雪の白さに緑や黄色が打ち消された感じですね。
 茶樹の緑も、八朔の黄色も、しばらくお休みです。
 けさメールチェックをしましたら
 「ゆっくりできた」、「縁側の日向が暖かかった」や
 「初めて鯨を食べた」などに加え、
 「囲炉裏を作りませう」など、とてつもない感想が届いていました。
 

 トンネルcafeは2月中旬までお休みさせていただいていますが、
 クラブハウスはご利用いただけます。
 一枚余分にお持ちいただいて、ぜひお越しください。
・・・ 静修CLUB
 

静修CLUB    かわいそうなことをしました。

 1月14日 土曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。
 曇っています。
 まだ明けきらないのでよくわかりませんが、
 きっと雪雲でしょう。


 さて、昨晩は出かけて戻ったのが午後11時近く。
 月が明るく冴えて、強い風に凍える夜でした。
 相棒たちはベッドで丸まって寝ている頃です。


 台所の扉をそーっと開けると、
 やはり屋内も凍えていて、そこに相棒たちが。
 迎えに出てきた相棒たちを抱きかかえると、二匹とも震えています。


 出がけに少し気になっていたことがあります。
 タイマー式の給餌機を使っているのですが、
 調子が悪く時々動かないことが。
 相棒たちのおなかを探ると、やっぱり。
 おなかが凹んでいます。


 食べるものがなくて寒さに震えていたんです。
 さっそく餌をやってほっと一息つき、わたしも何か軽く食べようと台所へ。
 すると、台所の床に何やら緑色の破片が散らばっています。


 おそるおそる見ると、それはブロッコリーでした。
 相棒たちが空腹に耐えかね、ビニル袋を破ってかじったのでしょう。
 やむに已まれず生のブロッコリーを食べたのでしょう。


 今日は雪が降らないことを祈りつつ、
 明日の来客に向けてボルシチを仕込んだのち、
 給餌機の調子をみましょう。


 まずは凍結防止に開けっ放しの蛇口を閉めて回り、
 ポンプの電源を入れて洗面いたしましょう。



イメージ 1
・・・ 静修CLUB

 

 
 

静修CLUB    蛇口、開放っ !

 1月13日 金曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 けさは、晴れて冷えています。
 布団から出るときに触れた着布団の表面が氷のように冷たかったです。


 けさの南の空です。
 雲の下縁がぼやけてはっきりしていません。
 雪雲の特長ですね。


イメージ 1




 さて、
 昨晩の天気予報でさらに冷え込みが厳しくなるとのことでしたので、
 20時過ぎ、屋敷内に水を送るポンプの電源を切り、
 屋内外の蛇口をすべて開放しました。
 水道管が破裂したら家じゅうで水が使えなくなってしまいますからね。


 今週末が冷え込みの底とのことですから、
 しばらくはこの作業を続けなければなりません。
 屋内の蛇口を開けるのはたやすいことですが、
 寝る直前の真っ暗な外での作業は足元がおぼつかなく、
 獣の気配も ・・・ 。

 大声で歌いながら、やりますかね  



・・・ 静修CLUB

静修CLUB    初雪

 1月12日 木曜日、
 こんにちは。静修CLUB へ ようこそ。


 どちらもそうだと思いますが、
 静修も寒ーいです。
 そして午前10時すぎからちらほらと雪が舞いました。
 いまは上がっていますが、静修の初雪でした。


 窓の外の坂をのぶちゃんが上っていました。
 一歩一歩ゆっくりと。
 お寺へ回覧板を届けに行くのかなー。


イメージ 3

 わたしもなんだかウキウキして、
 先日もらったネックウォーマーを首に巻いて外へ出てみました。
 すると富ちゃんがノルディックウォークで散歩に出かけるところでした。


 みーんな元気です。
 わたしも負けじと茶原へ。


 斜面の雑草たちも、わらびドームも冬枯れて、
 眠っているようです。
 

 一面茶色のわらび畑のそのなかに、鮮やかな色がありました。
 何の実でしょうね。
 自然の妙を感じます。



イメージ 1

 

イメージ 2
 茶原のそこここには獣たちの息遣いがありました。
 イノシシがミミズを探すのに掘った大穴、
 鹿かカモシカが斜面を下るときに踏ん張った足跡や
 噛んで折った笹竹など。
 自動撮影カメラを置いたら、
 さぞかしにぎやかな夜の様子が見られることでしょうね。
 しかし、獣たちも寒かろう。
 この寒さ、
 今週末まで厳しさを増すとのことです。
 日曜には7人のライダーが来られる予定ですが、
 はたして大丈夫かな ・・・ 。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    いちご狩り

 1月10日 火曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 けさ一番で春野森林組合へ行き、
 薪にする杉や檜の端材をもらってきました。
 直径9センチほどの丸棒で、
 燃やしてしまうにはもったいないほどのきれいな木目と香りです。


 とはいえ、そのままでは産廃として処分される身の上ですから、
 もったいないとは思いながら薪として利用させてもらっています。
 この時期の材は乾いて火付きもよく、
 おまけに杉や檜は油を持っていますから勢いよく燃えます。
 まっ、たしかに煙突にはすすが付きますけどね。


 湿った生の材は、トイレや居間に置いて芳香剤として利用します。
 入浴前に湯船に浮かべておいて檜風呂を楽しむこともありますね。


 おっと、本題です。
 先日本当に久しぶりにいちご狩りに出かけました。
 初めてのいちご狩りは久能山の石垣いちごでした。
 が、今回はハウスで水耕栽培のいちごです。


 ハウスに案内されて〝30~40分お楽しみください〟とのこと。
 いちごには目のないわたしのこと、その時間は短いなと思いました。
 勇んで真っ赤で大粒のやつを次から次へと。
 立派ないちごは、結構葉の陰に隠れているんですね。
 前のお客さんに見つからず大きく赤ーくなったのでしょう。


 胸のすぐ下までお腹が膨らむほど食べて時計を見ると、
 まだ10分しか経っていません。
 もっと食べられるかなと思って赤い実を口元まで持ってくると、
 甘ーい香りが鼻をついて気持ちが悪い。
 で、結局時間前に撤退しました。


 これまで、
 だーい好きないちごを嫌になるほど食べてみたいと思っていましたが、
 このときばかりはほんとうに嫌いになりそうでした。


 いただいた品種は〝紅ほっぺ〟。
 驚くほど大粒で、甘さに適度な酸味が加わって絶品でした。
 いちご狩りの季節は2月までとのことです。
 入園料もお手頃で、ぜひみなさんも楽しまれてはいかがでしょう。


イメージ 1
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    やらなきゃいけないこと、いーっぱい

 1月8日 日曜日、
 おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 今日はどうやら雨模様。
 新年最初の雨です。
 このところ静修の空をお届けしていませんでしたので、
 1月2日の空をお届けします。


イメージ 1
 太陽が、山の下から雲に光を映えています。
 その雲もゆっくり流れながら姿を微妙に変えていき、
 深遠な世界を見せていました。
 こういう朝の景色は静修では珍しくないのですが、
 やはり新年の心でみる空は、
 少しくいつもと違って厳かでした。
 区切りのある生活は心に豊かさをもたらします。
 日頃の生活に一喜一憂するなかで、
 これまでのことには区切りをつけて新しい一歩を踏み出す、
 そのきっかけとなってくれる四季や節句のある日本は、
 じつに清々しく生きる文化を有する国だと思います。
 しばらく時間のある2月中旬までは、
 昨年の活動を振り返りながら来年度の事業計画を練り、
 静修CLUBの活動を支えてくれている皆さんに投げかけます。
 あまり時間に余裕のないわたしですから、
 少しでもプラクティカルな計画にしていかねばと思っています。
 ブログをご覧いただいているみなさま、
 静修CLUBの活動にお気づきなことがありましたら
 些細なことでもぜひお知らせくださいませ。
 みなさんと一緒になって、
 地域活動体としての静修CLUBを育てたいです。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    冬のお休みに入ります

 1月4日 水曜日、
 あけましておめでとうございます。 静修CLUB へ ようこそ。


 それにしても素晴らしい天候に恵まれた三が日でした。
 昨年は、雪と風に見舞われましたからね。


 新年の3日間、トンネルcafeには多くのみなさまがお越しくださいました。
 さまざま、新しい年の春野を愉しむみなさまです。
 あたたかな日差しのなかで、笑い声の絶えないトンネルcafeでした。
 


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 調理で慌ただしくしていたものですから、
 写真を撮らせていただけなかった多くのみなさまにおわびします。
 どなたも、春野を満喫されているようで、
 〝もっと楽しんでいただけるようにお手伝いしたい〟と思いました。
 トンネルcafeは、2月中旬まで厳冬期のお休みに入りました。
 再開日は改めてこのブログなどでお知らせします。
 静修CLUBハウスで来年度の活動を考えながら、
 〝出会いの峠〟で再びみなさまと笑いあう日を楽しみにしていまーす。
・・・ 静修CLUB