静修CLUB    遠来の友 -その3ー



    9月30日 金曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        August さん、静修2日目の様子です。











        6時半に起きてシャワーを浴びた August さん。

        きのうにうって変わって晴れた空のもと、

        朝食づくりのわたしをおいて、さっそく村を散歩です。

        カメラで何を撮影してきたのか。

        それにしても何にでも熱心な人柄です。











        朝食のメニューは純和風です。

        さけを焼き、納豆に大根おろしを載せ、

        白菜の漬物に炊き立てのご飯と赤だし、

        極めつけは、生卵です。











        これは烏骨鶏の卵で、

        集落の藤下さんからいただきました。

        草刈り作業中に August さんを紹介したところ、

        貴重で高価な卵なのに、

        ぜひ食べさせてやってくれといただきました。

        いつもいつも静修CLUBの活動に気を配ってくださって、

        心強く真に感謝しています。











        「生の鶏の卵だけれど、大丈夫 ? 」 と尋ねると、

        「初めてだから、食べる ! 」 と、きっぱり。

        彼は心理学者でもあり、

        人の心を理解するためには、

        世の中すべてのものを理解しておく必要があると話します。

        なるほど ・・・ 。

        









        August さんは、静修のあと群馬県高崎で1週間過ごし、

        鹿児島県屋久島に移動してやはり1週間観光する計画。

        〝屋久杉〟の偉大さ壮大さを感じたいとのことでした。











        な、ら、ば、   ということで、

        春埜杉を見にお連れしました。











        大杉が目の前に来るまで見ないよう連れていき、

        「はい、ごらんなさい」 と号令をかけると、

        「Oh h h h h h ・・・」。
        

イメージ 1



イメージ 2
        参道の落ち葉を竹箒で掃いておられた方丈様にお願いして、
        祈祷寺の奥の院をご案内いただきました。
        ここは、日頃は入れない霊域。
        その空気を感じた、
        August さんの姿勢をごらんください。
イメージ 3
        今回も長いブログになってしまいましたが、
        そろそろ締めに入ります。
     


        今年3月、アムステルダムを訪れた際、

        わたしは無外流ヨーロッパ支部のみなさんを前に

        私が棲む限界集落〝静修〟の

        その優しさと美しさに反した危うさを伝えました。











        〝高齢化〟と〝人口減少〟がそのキーワードです。











        中山間集落の静修は、

        16戸、たった41人の人口しかなくなってしまいました。

        あと10年もすれば人口はさらに半減し、

        集落としての機能すら危うくなり、

        高齢者が生活できる環境ではなくなってしまうでしょうと。











        そうなってしまう前に、

        いま静修が持つプロパティーを最大限に生かして、

        人がやってくる集落、

        経済が回り続ける集落にしたいと話しました。











        わたしは、August さんのこの静修訪問の目的が、

        限界集落〝静修〟を彼自身の目で見て感じ、

        写真に記録して持ち帰り、

        オランダの友人たちに紹介して

        静修の危うさに少しでもブレーキをかけたい、

        そこにあることを知っています。











        彼はそうとは言いませんが、

        食事や車の中での彼との会話に

        しばしばその目的を計り知るものがありました。
 










        日本とオランダは500年以上にわたる友好関係にある。

        その歴史の流れの先端にいる私たちは

        この関係を次代に繋ぐ役割を果たさなければならない。

        わたしはそのために〝静修〟を訪れた、

        と彼は言っているように思えました。






言葉にすると薄っぺらになってしまいますが、

こころから感謝です。
        






・・・ 静修CLUB
                      
        

静修CLUB    遠来の友 -その2ー


    9月29日 木曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        きのうは、茶樹をトリミングしました。

        先週から着手していたのですが、

        雨や他用で進捗ははかどらず、

        まだ半分残っています。

        来週には終えたいものです。











        さて、アムステルダムから静修を訪れてくれた

        August さん報告の続きです。











        到着日の夕方、ひろちゃん、しょうちゃん夫妻に来てもらって

        歓迎会を開きました。

        アムステルダム旅行に参加したひろちゃんは、

        オランダの記憶を背景に饒舌に英語を駆使していました。











        しょうちゃんは集落祭り用の縄ないを披露しました。

        藁でなう本物の縄ないは August さんはもちろん初体験。





イメージ 1












        なんにでも興味を持ちたいと語る彼は、

        縄ないにも挑戦しました。

        出来はかなりのものとしょうちゃんの評価。






イメージ 2












        名古屋からわざわざ来てくれた友人の手料理は懐石風で、

        私たちですら感心するほどの出来。

        August さんからは、初めて食べるものばかり、

        アムステルダムでこんな素敵なものは食べられない。

        大変美味しく楽しかったと喜んでみえました。











        そして会の終わりの彼のあいさつは、

        「私は日本を訪れて観光地のお寺や神社を観るよりも、

        人と会って話して互いを知りたいと思った。

        日本の山村を訪れるのは今回初めてで、

        なかでもとても小さな村〝静修〟に来て、

        みなさんと語り合いこんな楽しい時間を過ごせたのは

        なによりの財産だ。

        都市や観光地を訪れては得られない体験。

        できれば来年もぜひ来たいがいいか。」 と。

        「もちろん」 と約束して会を閉じました。
        
        おいしい料理とともに、大変楽しい会になりました。




・・・つづく







静修CLUB

静修CLUB    遠路よりの友



    9月28日 水曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        きのうは暑い一日でした。

        朝から陽射しが強く、湿度もかなりのもの。

        2時過ぎにはエアコンをつけてしまうほどでした。











        今日は午後から雨とのこと。

        静修全体が雲に包まれています。











        さて、24・25日の2日間、

        オランダからの友人を迎えました。

        









        静修を訪ねてくれたのは、August Dragt さん。 

        アムステルダム在住の合気道六段です。

        群馬県高崎で開催される国際合気道会議に

        オランダ代表として出席するため来日しました。











        その August さんが、なぜ静修に ・・・ 。

        









        昨年無外流居合国際大会がアムステルダムで開催され、

        そこで彼と会いました。

        その際、手土産に持参した静修のお茶を紹介したところ

        オランダで広めてくれると。

        そこで、静修に来て村の様子を見てほしいと依頼しました。

        今回は、その要請に応えた訪問で、

        静修集落の写真や動画を撮って

        さらに紹介してくれるとのことでした。
        それにしても、なんと義理堅いといいますか、

        他用があってとは言うものの、

        会議開催地から遠く離れた静修をほぼ地球の裏側から

        訪ねてくれるとは。











        24日は掛川駅へ迎えに。

        ほぼ1年ぶりの再会に握手する手に力が入りました。











        時間はちょうどお昼時でしたので、

        自宅に向かう途中、トンネルcafeに立ち寄って昼食。











        あいにく本降りの雨でタープには雨が溜まり、

        それを落としながらの昼食になりました。





イメージ 1








        この日のために営業調理を務めてくださった内村さん、

        雨の中、内村さんを応援しに来てくれた片桐さん一家、

        名古屋と浜松からお越しのお客様で、

        狭いタープの下は実に楽しい昼食会場となりました。

        August さんを含め素晴らしい友人たちに恵まれています。



イメージ 2





・・・ つづく








静修CLUB
             

静修CLUB    トンネルcafeお休みのお知らせ



    勝手ながら、トンネルcafeを次の通りお休みさせていただきます。




     9月25日(日) ・・・ 静修集落産品の販路創設に向け、
                   欧州からの視察を案内します。

    10月22日(土)、23日(日)
               ・・・ 第33回全国ジムニーフェスティバル(会場 :
                   秋葉オートキャンプ場)に出店します。






        荒天以外でトンネルcafeをお休みするのは
        できるだけ避けたいと思っています。
        が、身体が一つしかないので止むをえません。
        じつは明日(9月24日)も視察案内で休む予定でしたが、
        トンネルcafeの常連様が代わって営業してくださることになり
        大変感謝しています。
        みなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、
        どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
        







        トンネルcafeは、週末と祝祭日にオープンしています。
        午前7時半から午後4時頃までご利用いただけます。

        お立ち寄りいただくのは、バイクライダーなど、
        モーターポーツを楽しみに春野町にお越しになる
        お客様が8割です。
        そのため雨や雪の日はお休みをいただいています。
        
        春野を訪れるみなさんは、豊かな自然や
        ゆったりした時間の流れを楽しみにお越しになります。

        トンネルcafeは、
        春野ならではの楽しい時間をお過ごしいただく
        そんなお手伝いがしたいと思い、オープンしています。

        春野にぜひお越しいただいて、
        私たち春野人や初めて出会うお客様と話して笑って、
        楽しい時間をお過ごしください。
        そうしていただくことで、
        高齢化と過疎化が進む春野も、元気になれまーす。







・・・ 静修CLUB

静修CLUB    丸太ストーブ


    9月23日 金曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。










        このところの数日、

        静修は強い雨に見舞われています。

        今朝の天気予報では、

        「静岡県の春野で強い雨が降っています」 と。

        春野の名前が出ることはまずありませんので、

        歓迎できない内容でも、

        「春野」 と言われるのはうれしいものだなぁと感じました。











        さて、静修の中川木材店が、

        新たな製品の開発をはじめました。











        おとといのこと、買い物から集落に戻ると、

        中川材木店の製材所で

        ひろちゃんが 「こっちこ」と手を振っていました。

        ひろちゃんは中川木材店の経営者です。











        車から降りて 「これ」 と指さすところには

        置物のようなものが。

        よーくみると、それは白木のスツールでした。

        


イメージ 3

  

イメージ 1



イメージ 2




        檜の柱を4本束ね、一方をV字に切り取って脚にしています。

        表面は精密に仕上げ加工されていて、

        檜の滑らで上品な肌が大変よくいかされています。











        スツールに使うには座面が少し小さい気がしますが、

        玄関に置いて花台にしたり、

        居間や応接間のオブジェにするのもいいですね。











        またこの作品、檜の香りが素晴らしいんです。

        これを置いた居間や客間は新築同様に。

        文献によれば、

        香りの主成分ヒノキチオールは抗菌作用が強く、

        部屋の空気を清浄に保ちます。

        









        長年木こりとして働いたじいちゃんたちは、

        「檜には、ムカデも近寄らん」 といっています。











        拙宅には相棒(わんこ)二匹がいますので、

        さっそくこの作品をいただいて置いてみようと思います。











        静修の中川木材店は、いまやる気になっています。

        ビールのコマーシャルで使われた

        スウェディッシュトーチも製作しています。

        これは後日改めてご紹介しますが、

        シンプルさに反した強い火力に驚いています。        

        みなさん、

        中川木材店をぜひ応援してくださーい 








・・・ 静修CLUB

静修CLUB    一瞬の青空


    9月19日 火曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        雨が続いています。

        今日は敬老の日。

        名古屋の母も、今月90歳になりました。

        エアコン嫌いの母は、

        暑かった名古屋の夏を、汗をふきふき過ごしました。











        静修で過ごせば、少なくとも名古屋よりは涼しいはず。

        そう誘っても、足腰が弱くなったからと来たことがありません。

        も少し秋が進みましたら、日帰りドライブでも致しましょう。











        雨が降り続いたきのうの夕方、

        西の空が一瞬青くなりました。




イメージ 1
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    限界集落であること



    9月17日 土曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        十五夜から2日たった今日は、

        満月になるとのことです。

        この写真は、昨夕18時40分の月の出です。




        肉眼ではとんでもなく大きく見えるのですが、

        写真になると普通の大きさです。

        目の錯覚でこうなるとはよく説明されることですが、

        いまいちその理屈がわかっていません。





        いずれにしても、山の端に上った、美しい月でした。






イメージ 1
        さて、おとといのこと、
        集落人が、また一人亡くなりました。
        12年もの間病院で治療を受けてみえたとのことで、
        わたしは面識がありませんでしたが、
        仲間4人で寂し見舞いに出向きました。
        息子さんお二人が見守るご遺体は、
        長い病院生活を物語るように、小さく感じられました。
        わたしは静修に来て3年半になりますが、
        この間にお二人がなくなりました。
        いまの静修の人口は、16戸40人になってしまいました。
        帰りの車の中で、限界集落の悲哀のようなものを
        改めて強く感じてしまいました。
        このままで10年もたてば、
        静修の人口は半分以下になることでしょう。
        いや、もっと少なくなるかもしれません。
        そうしたときに何が起こるのか。
        率直なところ、考えたくないなー。
        世代交代もできず、
        いまのところ、新たな移住者も見込めません。
        そんな静修は、はたして10年後、
        どうなってしまっているでしょう。
        帰りの車の中で、
        亡くなった集落人のご冥福を祈りつつも、
        静修の行く末のマイナスイメージばかりが
        頭の中で駆け巡っていました。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    風の盆



    九月十六日 金曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        きのうは、中秋でした。

        予報に反して名月は

        いまこの時間もその美しい姿を見せています。











        今年は、

        中秋から三日目が満月とのこと。

        台風が気にかかりますが、

        うまくいけば、夜影をつくる明月を迎えることができるかも。











        さて、越中八尾の〝おわら風の盆〟、

        これに伺うのが、わたしにとってはなによりもの年中行事。

        もう三十年近くも通い続けていましたが、

        今年は渡欧期間に重なり、

        風の盆なしの年となりました。











        なんだか、

        かけがえのないものを失ってしまったように思われて、

        残念で仕方がありません。











        昨今の風の盆は全国的にも有名となり、

        九月一日から三日までの間に、

        人口七千の八尾町に二十万人が押し寄せ、

        以前のような素朴でいて妖艶で、

        幽玄の世界を象徴する祭りとは程遠い状況になっています。











        風の盆は、九月一日から三日まで、夜通しで行われます。

        が、雨が降ったら、その日やその年は中止となり、

        延期はありません。











        ところが、いつからのことか、

        ○○ツーリズムという旅行会社が、

        〝月見のおわら〟と称して、

        別の日程で八尾町を借り切り〝風の盆〟を観せています。











        〝風の盆〟を借り切って、

        希望する客にゆっくり楽しんでもらおうという企画でしょうが、

        なんだか〝似非〟の感からは逃れられません。

        









        コマーシャルベースもいい加減にしてくれといいますか、

        私の大切な風の盆をコマーシャルベースで使うな

        と言いたいのであります。











        まだ観たことがない、ぜひ行ってみたいとお思いの方に

        一言アドバイス。











        おわらの幽玄の世界は、

        観光客がバスという箱に乗せられ帰っていく、

        夜中一時から二時以降に始まります。











        その時あなたは、町を流れる幽霊たちと出会うことでしょう。
        
        







        いまも、後悔に似た残念な気持ちでいっぱいです。

        来年は、必ず行きますから、

        私のことを忘れず待っていてください。




イメージ 1








・・・ 静修CLUB

静修CLUB    さわやかぁー


    9月15日 木曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。











        きのうも不安定な天気の1日でした。

        草刈りが進みません。

        〝晴耕雨読〟というより〝晴耕雨気がせく〟であります。












        さて、

        過日こんな封筒で手紙をいただきました。

        封筒を作る思いや姿勢の爽やかさに感動しました。

        長くつづるより、

        ご覧いただいたほうが感じていただけるでしょう。









イメージ 1








私も見習って、やってみようと思います。

〝晴耕雨作〟かな ・・・ 。








・・・ 静修CLUB

静修CLUB    はるばる、そして稀有な ・・・



    9月13日 火曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。










        きのうは、20年ぶりの再会をアップさせていただきました。

        記事掲載のおかげで、

        遠路のお客様がトンネルcafeにお越しくださいます。

        三重県桑名市、愛知県一宮市、長野県飯田市、

        富山県富山市、岐阜県養老町・神岡町、そして名古屋市

        などなど。











        きけば新聞を読んでお越しいただいたとのことで、

        紙媒体の威力といいますか、

        WEB版に負けない健在ぶりを確認したところです。

        遠くからお越しいただき、本当にありがとうございました。










        さて、日曜のトンネルcafeに、

        はじめてサイドカーでお越しのお客様がありました。










        バイクの燃料タンクにはBMWのエンブレム。

        ツェッペリン号を想起させる

        流線型のサイドカーが取り付けられていました。











        クラシックではありますが、

        まったく古さを感じさせない所以はどこにあるのでしょう。











        アムステルダム旅行に参加された可奈子さん。

        サイドカーに乗せていただいたところ、

        「思ったより広ーい」 と。

        


イメージ 1
イメージ 2











        一言でモータースポーツといっても、

        様々な楽しみ方があるものですね。

        バイクに疎かった私ですが、

        このところ羨ましく感じることがしばしばです。

        サイドカーは初めてですと申し上げましたら、

        これからたびたび来ますからといって離陸されました。







今日も楽しい1日を、
ありがとうございました。








・・・ 静修CLUB