静修CLUB    留学生がやってきた !


    6月27日 月曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。










        新しい週が始まりました。

        静修はきのうと同じ青空で、

        涼しい風が吹きわたっています。

        これから日が昇るにつれ、あつーい一日になるかなぁ … 。










        さて、昨日のこと、

        静修にオーストラリアからの留学生がやってきました。

        高校生3人とホストファミリーを合わせ14人です。

        トンネルCafeの常連さまの紹介でやってきました。

        日本文化の体験をということで、

        私が無外流居合をご披露し、

        道衣を着て居合の体験もしていただきました。










        始まるまでは表情も硬く、口数も少ない彼らでしたが、

        私の演武が終わり、じゃ体験していただきますとなって

        道衣を着始めたらテンションは徐々にアップ。










        ホストファミリーのみなさんに写真を撮ってもらって、

        日本を訪れた記念にしてくれるといいなぁと。





イメージ 1





        彼らは、磐田市とメルボルン市との交換留学制度で訪日。

        静修はちと遠い感がありますが、

        この居合体験が留学プログラムに組み込まれたらいいなぁと

        淡い期待をしたところです。









        もし次の機会があったら、

        じいちゃんばあちゃんたちとの交流も

        企画してみようと思います。





イメージ 2






楽しい刺激的なイベントでした。







・・・ 静修CLUB

静修CLUB    オーディオルームの新入り


    6月23日 木曜日、

        こんにちは。 静修CLUB へ ようこそ。










        しかし、土砂降りでしたね。

        昨晩の名古屋は蒸し暑くて、

        雷鳴をとどろかせながらの大雨に、

        熟睡できませんでした。

        久しぶりに頭を使って疲れていたはずなのにぃ ・・・ 。










        そんな名古屋を朝に出て、

        昼前に静修に戻りました。

        雨のおかげで、見るからに草のジャングルと化した庭や畑を

        真夏の日差しのなか、刈りました。

        いまは家のどこの部屋に入っても

        青臭い草のにおいが充満しています。










        さて、母屋のオーディオルームに、

        MDプレーヤーがやってきました。

        


イメージ 1
        「今さらMDかよっ ! 」 って声が聞こえてきそうですが、
        若いころから好きな曲を録りためたMDが
        結構あるんです。
        ところが、いよいよプレーヤーが壊れてしまい、
        何とか修理できないかと夜な夜なさわっていたのですが、
        もう諦めることにして、しばらく前から探していました。
        でも、それこそMDなんて、
        電気屋でも売っていない時代ですから、
        プレーヤーとなると新品はなく、
        中古があっても、数万円もしてとても手が出ません。
        それが名古屋のハードオフにフラッと入ったら、
        〝ジャンク〟として売られていました。
        BOZE製で、なんと2400円。
        この値段なら修理できなくてもいいかと手に入れました。
        〝ジャンク〟ってやつは、
        コンセントにつないだとたん煙を吹いてお釈迦ってのが
        あるんですよ。
        そう、経験談です。
        
        このプレーヤーはそんなこともなく、
        問題なく動いています。
        ボリュームのガリもありませんし、もちろん音飛びも。
        これでまたしばらく昔の曲を楽しめます。
        MDを聴きたいけれどプレーヤーがなくてという方、
        お遊びにお越しください。
        ちなみに、このMDプレーヤーは、
        真空管アンプと、
        BOZEの重低音装備のスピーカーセットにつながっています。
        想像以上にいい音します。
                追伸 :  それにしても2日間の講座は無味乾燥の極みでした。
             が、貿易の概要がつかめて、一歩前進です。
・・・ 静修CLUB

静修CLUB    うーん、あたまが コンプリケーテッド



    6月21日 火曜日、

        こんばんは。 静修CLUB へ ようこそ。










        きのうの夕方から名古屋に来ています。

        今日から2日間、JETROの講習会に参加するためです。

        テーマは 「貿易実務講座」 で、

        はずかしながら 「基礎編」であります。










        会場のウインク愛知のロビーは、

        午前8時前というのに

        様々な講座や講演会への参加者であふれていました。

        ざわめく人たちの学ぼうという熱意が波となっていました。

        日々の暮らしに流されている自分とは対照的で、

        彼らと同じ空気を吸っただけでいい刺激になりました。










        参加した講座の参加者は、私の半分くらいの年齢が殆どで、

        なんだか年寄りの冷や水と思われているのではと … 。

        それでも新しいことに取り組んでいるんだという楽しい思いで

        なんとか初日を終えました。










        貿易なんぞと言いますと、

        自分には一番縁遠いカテゴリーでした。

        貿易がどんなシステムで動いているのか、

        そんな実務の内容を聞くにつれ、

        複雑な事務ではあるものの、

        なんと人間臭い手続きかと感じられました。










        明日は、今日学んだ事柄を応用しての演習から始まります。

        不安がいーっばいなので、今から復習しておこうと思います。

        だって、若い人たちに笑われるのは嫌ですからねー。









・・・ 静修CLUB
        

静修CLUB    へぇー、おもいやりやなーっ !



    6月20日 月曜日、

        おはようございます。 静修CLUB へ ようこそ。










        この写真は昨日の日の出前です。

        湿度が高いと、こんな美しい空になるのでしょうか。

        今朝は写真こそ撮れませんでしたが、

        同じようにきれいな夜明けでした。




イメージ 1









                 毎週、トンネルCafeの前を駆け抜けていく

        静岡ナンバーの2台のバイクがあります。

        私の感覚では、だれよりも速いスピードで下っていきます。

        お二人とも60歳を越えた、人生のベテランで、

        立ち寄っていただくたびに感慨深いお話をいただきます。










        おとといのこと、アイスコーヒーを召し上がったあと、

        ごちそうさまでしたと、

        ストローの紙筒でこんなものを作ってくださいました。



イメージ 2

  何とも言えずかわいい花です。

  コーヒーを楽しんだ後、

  作ってカップに挿すのだそうです。

  「テーブルを片付けに来た店の人は
   ハッとするでしょうね。で、
   ほっこりするんでしょう …」
                という私に、

  「次にその店に行ったら、額に入れて 
   飾ってあったこともあったわね」 と。






        コーヒーを出すものは、ゆっくり楽しんでいただきたいと、

        少しでもおいしくコーヒーを淹れるわけですが、

        お客様がその気持ちを汲んでくださったしるしのように

        思われて、実に感動しました。

        いつもなら捨ててしまう紙袋ですが、

        なんだか大切な手紙をいただいたようでいとおしく。










        この峠道では、こんな小さくて大きな感動をいただくことが

        少なくありません。

        人の思いやりを実感する、私の宝島です。

        こんな人生を与えられていることに感謝です。
      

  



お気をつけてお帰りくださーい !





・・・ 静修CLUB






静修CLUB    秋葉バスさんに行ってきました。



    6月17日 金曜日、

        おはようございます。静修CLUB へ ようこそ。










        「最近、ブログ上がってないわねー」のお叱りをいただいて、

        慌てて書くこのところの体たらくです。

        お許しください。










        いま洗濯物を干したところですが、

        今日の陽射しは尋常じゃありませんよー。

        真夏のそれです。

        梅雨の晴れ間にと、たっくさん洗濯しました。










        今日は、20年以上にわたり、

        地域交通を担ってくれたバスが退役します。

        おととい、たまたま見た秋葉バスサービスのホームページで

        そのことを知りました。

        ホームページには、

        「126万キロを走ってくれた2423が今週で退役します」と。

        なんだか会いたくなって、森町のバス会社を訪れました。










        〝2423〟は、ナンバープレートの番号です。

        いました、いました。

        雨が降る中、ターミナルの新しい車両が並ぶ一番奥で、

        静かにこれまでを振り返っているような佇まいでした。





イメージ 1


        車の中で最後の片付け中のUさんに声をかけましたら、

        快く車中に迎えていただいて、

        写真を撮らせていただきながらお話を伺いました。




イメージ 2
        Uさんは管理職。
        以前はこの車を含め、バスを運転しておられたとのことで、
        感慨深げに語ってくださいました。
        私: 「ホームページで百万キロ以上も走ったとありましたが…」
        U氏: 「まだまだ走れるんですけどね。時代の流れですかね」
        私: 「来週にはいなくなるんですね」
        U氏: 「ええ、今週金曜日にスクラップ業者へ引き渡します」
        私:  「この車と同型はほかに見当たりませんが」
        U氏: 「この形式はこれが最後です。森・春野間の
            急で狭い旧道を、よく走ってくれました。
            元開橋から若身の自由降車区間では、
            登下校の子どもたちを自宅前まで送って
            下すなんて役割も担ってくれましたね。」
                     :
                     :
        話題が続くだびに、
        私の中にもこのバスへの思いが募ってきました。
        スクラップになるのは残念で、どなたかが引き取って
        引き続き走らせるとか展示するとかされたらいいのにと。
イメージ 3
イメージ 4
        細身のハンドルや、ビニルカバーのかかった座席が
        何ともノスタルジーを感じさせます。
        心の中で何度も 「スクラップかぁー」 とつぶやいていました。
        秋葉バスは、
        中山間地がほとんどの春野町にとって、
        都市部とを行き来する唯一の公共交通機関です。
        いまは運行費用の赤字を補助金で埋めながらなんとか。
        これ以上利用者が減ったり、補助金が減額されたれすれば、
        存続は難しいでしょう。
        お話を伺う中で、
        バス会社として地域に貢献したい、
        過疎化に拍車をかける路線縮小は何としても避けたい
        という思いがひしひしと伝わってきて、
        何とか応援できないものかとの思いが募りました。
        このブログをご覧のみなさん、
        機会があったらバスに乗ってください。
        6月5日、私も袋井駅前から掘割まで利用しました。
        乗客は最後まで私一人でしたが、
        旧街道を走り、山間集落を縫いながら走るこの路線は
        いまやなかなかできない体験ですよ。
        狭い山道でめったにない対向車とのすれ違いは圧巻で、
        運転手さんの技量の高さに感心させられます。
        こういう表現は地元のみなさんに失礼かもしれませんが、
        〝秘境探訪バスの旅〟にお越しくださぁーい !
        バスターミナルの待合室には、
        バスで登下校する小学生たちからの寄せ書きがありました。
        都会にはない、心のつながりを感じました。
イメージ 5
        ああ、〝2423〟は明日はもういないんだなぁ ・・・
・・・ 静修CLUB

     

静修CLUB    この間のトンネルCafe


        こんな時間に、もう一本。










        昨晩は、というより昨夕は、

        お腹が痛気持ちわるくて、早々に眠ってしまいました。

        で、こんな時間に目が覚めています。










        じつは、

        しばらくブログがアップできていなかった理由がもうひとつ。

        夜明けの空を撮っていたカメラが壊れてしまい、

        やむなく携帯のカメラを使ってみたのですが、

        とてもとても (・_・;)

        それで萎えていたことも事実でありました。










        がっ、

        画のないブログも味気なくつまらんなぁー。

        画像はよくありませんが、

        携帯で撮ったものを少々。










        5月29日のこと、

        いつもお越しいただく常連さんに、

        トンネルCafeをお手伝いいただきました。










        この日は、毎年恒例のオールドカーフェスタが開催され、

        春野内外から

        たっくさんのモータースポーツ愛好家が集まりました。

        そのためか、トンネルCafeのお客様もいつもの3倍を超え、

        汗を拭きふきお手伝いいただくこととなりました。

        お手伝いいただいた私が言うのもなんですが、

        楽しそうでしたよ。



イメージ 1
    焼きそば調理のUさん。
  汗だくで奮闘いただきました。
  久しぶりの緊張感が爽快でしたと。
    お嬢さんとのツーショットが
  うらやましかったですぅー。
イメージ 2

  写真はまた掲載しますが、
  Wさんにもお手伝いいただきました。
  これを一人でやってるってすごいですねー
  との感想をいただきましたよ。
        先日の井上陽水さんに続き、
        またまた有名人にお越しいただきました。
        どなたか、わかりますか ・・・
イメージ 3

        そう、坂上忍さんですぅ ・・・ 。
        ちょっとこの写真ではわかりづらいかもしれませんが、
        私にはそう思えました。
        ご本人にお尋ねすると、時々言われると。
        ねっ、そうでしょ !
                ここまで書いてきましたら、
       これまでアップできていなかった後ろめたさが
       解消されたような。
       併せて、おなかの痛気持ちわるさもなくなったので、
       また、ねまぁーっす (*´ω`*)
みなさま、おやすみなさぁーい
・・・ 静修CLUB


        

静修CLUB    体調、わるいっす ((+_+))



    6月10日 金曜日、

        こんばんは。 静修CLUB へ ようこそ。










        新茶の発送もひと段落したきのうのこと、

        浜松市の特定検診を受けてきました。










        ちょうどの年齢になったこの際、

        すべての検査メニューに挑戦してみました。










        その結果、

        体調、悪いっす ((+_+))











        がん検診で胃の検査がありました。

        バリウム飲みますか?  それともカメラにしますか?

        予約の際にやさしく聞かれ、

        同じ苦しむならと、胃カメラを。










        口にしますか?  それとも鼻になさいますか?

        とやさしく尋ねられ、

        鉛筆くらいという内視鏡の太さを確かめたうえで

        楽そうな〝鼻〟を選びました。

        そう、鼻の穴からカメラを入れるんです。

        〝楽そう〟とは思ったものの、未体験ゾーンでしたから、

        不安はありました。










        応接室にあるような立派なソファに座らされ、

        〝じゃ、顎を突き出して口を「あ」の形にしてくださいねー〟

        紙コップに入ったキシロカインゼリーを含ませられました。

        〝ふーん、経鼻検査でも経口検査と同じだねー〟

        そう思ったところへナースさん、

        〝ごめんなさいっ。 鼻から入れるんでしたね <(_ _)>〟

        えっ、(・_・;)

        その時にはすでに麻酔で口の中はしびれ、

        舌がもたついてうまく発語できない状態。










        〝じゃ、こちらの椅子に移っていただいて、鼻にゼリー、

         入れさせていただきますね (#^^#) 〟










        口の中はしびれ、

        このうえ鼻の穴にキシロカイン入れたら窒息するような。

        〝こくう、できまふよね ?〟舌をもたつかせながらそう訊くと、

        〝大丈夫ですよ、苦しかったら、言ってくださいねー〟

        〝えーっ、苦しかったらって ・・・ 、

                  それってありじゃないでしょ !? 〟










        背もたれが電動で倒れ、すでに仰向けの状態にされ、

        チュウブの先が鼻に入ったかと思うと

        粘土の高い冷たいゲルがニュルニュルと鼻の奥に。

        〝おお、きた ! 〟

        次の瞬間、そのゲルはのどに流れ込んで、

        舌の奥でとんでもなく苦い刺激となったのでした。










        〝じゃ、カメラが鼻を通るか調べますねー〟

        言い方はやさしいのですが、言ってることは悪魔そのもの。

        だってね、そのやさしい悪魔の手には、

        物差しのような刻み(印刷)が入った

        ストロー状のものが握られていたのですから。










        それ、いれるんかい という間もなくすでにぐさり。

        実際にはそーっと入ってきたのですが、

        心象は〝ぐさり〟。










        〝いたみはありませんかぁー〟

        舌はもつれ、鼻の穴はふさがれているわけですから、

        〝フガフガ〟と言うしかなく。

        いま思えば、よく窒息しなかったよなー。










        検査前の準備だけでこんな苦痛が。










        カメラを飲み込んで検査が終わるまでは、

        みなさんも体験された通りです。










        ただ、いまの検査は、空気を送り込んで臓器を膨らませる、

        そんなことやるんです。

        ですから、検査が終わると、

        げっぷとおならが所かまわず出ます。

        出ますというより、出さないと苦しくて ・・・ 。










        一番参ったのは、それが出切らず、

        いつまでもお腹が張って、痛気持ち悪いこと。

        絶食していた検査の前は、終わったらカツ丼か !

        ナンて、楽しい想像をめぐらしていたのですが、

        食欲なんてどこかに吹き飛んで、

        とにかくお腹が張って気持ち悪い状態が続きました。

        軽減はしたものの、今も続いています。










        カエルの口に草の管を入れて吹いたことを詫びる思いです。

        あー、きもちわるい ・・・ ((+_+))








                追伸です。






        「このところ、ブログ、アップしてないよね !」

        そんなご指摘を複数のみなさまから頂戴しております。

        静修CLUBの活動がこのブログから始まったことを

        今一度肝に銘じ、

        邁進してまいります !  <(_ _)>








・・・ 静修CLUB